女子バスケットボールの筋トレについて - ボディコンサルティング

お問い合わせ

HOME > 女性のトレーニング > 女子バスケットボールの筋トレについて

女子バスケットボールの筋トレについて

2013年08月09日

バスケットボールは、
狭いコート内で素早い動作の切り返しや、
俊敏な動き行なうために瞬発力が求められます。

ジャンプやダッシュを繰り返し行なう中で、
「パス」「シュート」「ドリブル」などのプレーをします。

素早い動作を頻繁に行なうため、
足や膝などの関節に傷害を発生してしまうことが多いです。

特に女子選手の場合には、
男子よりも膝のケガをしやすい傾向にあると言われています。

膝が内側に入る状態を防ぐため、
筋力トレーニングとしてはスクワットやランジなどを行なうことが良いでしょう。

またスクワットジャンプなどのプライオメトリックトレーニングなどで、
瞬発力を養うと同時に、正しい着地の姿勢の習慣などを身につけることが必要です。

またバスケットボールでは、
ボディコンタクト(身体接触)あるため当たり負けしない上半身の筋力と、
それを支えるための体幹の安定性も求められます。

これらを鍛えていくことが、
バスケットボールのパフォーマンスを向上させる上で大切になってくるでしょう。


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop