女性が妊娠中の運動による体重コントロール - ボディコンサルティング

お問い合わせ

HOME > 女性のための運動コラム > 女性が妊娠中の運動による体重コントロール

女性が妊娠中の運動による体重コントロール

2015年06月12日

妊娠中は胎児が大きくなるにつれて体重が増えるのと、胎児の保護のために通常よりも脂肪がつきやすくなります。

妊娠中に体重が増えやすくなるといっても、過度な増加は高血圧や妊娠中毒症の原因にもなるので10キロ以内に抑えた方が良いという助産師さんからの意見を頂いたことがあります。

ただし、そのことで極端な食事制限で体重をコントロールすることは好ましくありません。

そして運動にはやはりウォーキングなどの軽い運動がおすすめです。
逆に瞬間的に大きな力を発揮するような運動はオススメできません。

妊娠中、いつから運動を始めるかは、16週目~19週目くらいの安定期を過ぎた頃から始めるのが良いと伺ったことがあります。

そして出産直前まで行なって大丈夫とのこと。
ただし、必ず医師に相談して下さい。

妊娠中に体を動かしていることで、出産時に備えて筋肉が関節を柔軟にすることになり、産後は出産前の体型を取り戻すことに役立ちます。


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop