女性が月経中(生理中)に運動するためには症状に合わせる - ボディコンサルティング

お問い合わせ

HOME > 女性のための運動コラム > 女性が月経中(生理中)に運動するためには症状に合わせる

女性が月経中(生理中)に運動するためには症状に合わせる

2015年06月11日

先ず以て、月経は全く個人的なことです。

月経中の運動は、控える必要はありません。

たしかに月経中(生理中)とその前後は、肉体的ストレスが内蔵全体にかかりますが(造血機能)、必ずしもそれが悪影響を及ぼすことにはならないのです。

自分の過去の症例をもとにして、注意深く対応を決めることが良いでしょう。

ただし、運動ができる健康な体調であっても、
以下の点については気をつけて欲しいと思います。

・お腹を強く収縮させたり、力を与えるような運動はしない。
・瞬発的・爆発的な力を発揮する運動は避ける。
・極端に暑い日や寒い日には運動を控える。

月経中(生理中)に女性の体に変化が起きることは間違いありません。
その反応は人それぞれであり、他人と比較することは好ましくありません。

運動・スポーツに限らず、
月経がプラスになる人もいれば、マイナスになる人もおられます。

たとえ同じ人が同じ運動をしたとしても、
月経が体の負担になる時、ならない時もあります。


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop