トレーニングが初めての女性の取り組み方 - ボディコンサルティング

お問い合わせ

HOME > 女性のための運動コラム > トレーニングが初めての女性の取り組み方

トレーニングが初めての女性の取り組み方

2012年12月24日

トレーニングをはじめようと思っても、必ずしもスポーツクラブに入会する必要はありません。

自分だけで始めることは全く可能です。

友人や知人の誘いをもらってはじめる場合もありますが、
まずご自身の体力、運動能力、生活にあった運動とは何かを考えてみましょう。

体力の向上を狙うなら、ジョギング、水泳、ランニング、エアロビックダンス、自転車。

技術の上達を楽しむならゴルフ、テニス、バレーボール、バドミントン、スキー、卓球、バスケットボール、バレエなどです。

必ずしも1つに絞る必要もありませんし、複数の種目を楽しむことも良い方法です。


例えばランニングをする場合、
自分にあった運動の強度、持続時間というのは脈拍を測ってそれを基準にすることもできます。

220ー年齢=最大心拍数と仮定し、その数値から50%から70%の心拍数レベルで十分です。

心拍数は体調を知るのにとても役に立ちます。
安静時の心拍数を知っていれば、ちょっとした健康のバロメーターにもなります。


まず目標として欲しいのは運動が楽しいと思えるように、無理のない強度や時間で運動をすることでしょう。

無理をすれば身体は壊れます。

運動不足気味の人なら、運動を急激にはじめるとひざ、腰に過度な衝撃がくる恐れもあります。

また肥満の方の場合は、始める頃は水中での運動もおすすめです。

体重過多でやせたいと思っても、絶食は禁物です。

ダイエットというのはまず脂肪を落とすことですから、
良質のタンパク質とカルシウム、栄養不足と過度の運動による貧血を防ぐための鉄分を積極的に摂りましょう。

そして体力の50%程度の運動強度でm運動をする時間を長くすれば必ず効果はあります。

ダイエット目的の場合は、くれぐれも健康的に痩せることをお忘れなく。


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop